10歳の小説家、倉本莉亜さんのデビュー作が、BoC出版から刊行されます。

日本最年少、10歳(小学四年生)の小説家、倉本莉亜さんのデビュー作、「皐月と美月の夏」が、AmazonKindleの電子書籍として、来る2018年12月13日にリリースされます。

今夏、クリエイターズSNS、『note』内で、その早熟な才能が話題となった彼女。

僕が彼女の作品を初めて読んだのは、セカンドハーベスト・ジャパンの食糧支援を受け取る列に、妻と2人で並んでいた時のことでした。

原色の風景、夏の日差し、潮風の香り。
「普通」とは違う生き方を選んだ、愛おしい登場人物たち。
そして、生き辛さを抱える2人のヒロイン。

この早熟な少女のキャラクターメイキング、構成力、文章力に、編集者として驚かされ、同じく生き辛さを抱える一人の読者として、小さなヒロインに感情移入しながら、読者として夢中で作品を読み耽ってしまいました。

いちファンとして作品を読んでいた僕でしたが、ふとしたきっかけで彼女の方からアプローチを頂き、僕が運営するBoC出版から、彼女のデビュー作を出版する運びとなりました。

七家のキラキラの祈り石のような物語を、是非ご一読ください。

プレスリリースはコチラから。

note関連エントリはコチラから。

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です